中国の見所を観光すること

様々な見所が中国にある

中国は何もかも雄大な国ですから、見るべきところはいくつもあります。河川、山、遺物、或いは現代の建造物すらあまりにも巨大で観光するスポットになっています。三峡ダムなんかは非常に重要な施設でもありますが、観光することができるところでもあります。それこそ、世界一のコンクリート量の建物であるといえますから、それだけでも見に行く価値はありますから、中国はお勧めできるわてけず。但し、さすがに意外と都市部から離れていますから、川を上るか、一気に近くまでいって、川を下って、クルージングを楽しむことがお勧めできます。

中華料理を堪能すること

それと旅行の楽しみの一つとしては、なんといっても、食事になります。世界的に和食がブームになっていますが、日本でも確たる地位をもっているのが、中華料理です。当たり前ですが、中国は本場になります。しかし、日本では東と西で味付けが違うようにはっきりいって、中国の料理と言っても相当に種類がありますし、味付けの方向性が変っています。甘いところもありますし、辛いところもあります。油の多いところもありますし、比較的淡白な蒸す料理が多い地域もあります。そのあたりのことはよく事前に調べてから、好みにあったところにいくべきです。

こちらのサイトから紀伊田辺行きのタビマスターズを活用して旅行を計画しよう。

彦根から長浜、そして近江八幡の旅

国宝彦根城は小ぶりながらもきりりと美しい

新幹線の米原駅から電車で一駅、彦根市は意外にアクセスの良い場所でした。ひときわ小高い山の上に見えるのが彦根城です。平成に入ってから大規模な改修がされているので、当時の趣を残す美しいお姿です。姫路城や熊本城など、他の国宝の城と比べると小さめの城なのですが、意匠が施されとても美しいお城でした。お城の周りには当時の城下町を模した商店街があり、名物の近江牛をいただいてから長浜へ移動しました。長浜城は琵琶湖を望める湖畔に立つ城です。彦根城とは全く違う魅力のこれもまた凛々しいお城でした。黒壁スクエアでお買い物を楽しんでからホテルへと向かいました。

名建築と水郷巡りが楽しみの近江八幡

近江八幡を中心に近江にたくさんの建築物を建てたヴォーリズ、日本と西洋の良さを取り入れた折衷建築が素晴らしく彼の手掛けた建物を拝見することも目的の一つでした。1日目の彦根でも、お城からすぐにある滋賀大学内に一つヴォーリズ建築があり外から拝見できました。近江八幡にはヴォーリズ記念館があり、事前に予約して生前に彼が住んでいた家を拝見しました。他にも池田町というところに何軒か大切に建築物が保存されています。その後は近江八幡が近江商人で栄華を極めた頃に栄えた白壁土蔵と水郷の町、八幡堀を観光しました。水郷では川下りもでき、非日常を楽しめました。

夏になったら中村行きのタビマスターズでいつもより楽しい時を過ごそう。

マンゴー好きにはたまらない香港旅行

香港はマンゴーを使ったスイーツがいっぱい!

あぁ、マンゴーが思い切り食べたい…そう思った時は、宮崎ではなく香港旅行に行くようにしています。2年に1度くらいですが、無性に食べたくなる時があるんですよね。宮崎県のマンゴーもとても有名になりましたが、結構お値段の高い物が多いです。個人的には、それよりも色々なスイーツがあってお値段も安い香港が好きなんですよね。

というのも、香港にはマンゴーを使ったスイーツがたくさんあるんです。初めて行ったのは旅行ではなく仕事だったのですが、種類の豊富さ、安さ、美味しさどれを取ってもピカイチで、それからはこれ目当てに何度か旅行に来ています。

私おすすめの香港マンゴースイーツ

まずは何といってもマンゴーを使ったフレッシュジュースです。味はお店によって結構ばらつきがあり、濃厚なものもあれば薄めのものもあります。ただ、薄めでも氷がたっぷり入ってさっぱりしている物もありますね。屋台などはもちろんレストランでも定番のメニューです。旅行中には毎回何杯も飲んでいます。

次に、マンゴープリンです。こちらも定番ですね。定番なだけに間違いが無い美味しさです。そして、日本の物の比べるとかなり大きいので小食な方でしたらこれだけで満腹になってしまうかと思います。他にもフルーティーなケーキも美味しいですよ。マンゴーソースと生クリームがかかっているものが一番好みです。

ここから甲賀に行くならタビマスターズを使って遊びに出掛けよう

究極!!旅の楽しみ方

一人旅だから良いこといっぱい!

旅行に行きたいと思い付いた時、殆どの人が「さて、誰を誘おうかな?」と考えるのが普通ですよね。2泊3日位であれば誰かは一緒に来てくれますが、それ以上長くなると予定が合わない事もしばしば。 そこで、ゆっくりのんびり自由な旅行ができるのが一人旅なんです。暗く寂しいイメージはあるけれど、実は旅行中寂しいなんて感じることはほとんど無く、多くの人に出会える旅なんですよ! 正直、私が初めて一人旅をしたのは旅をするという目的ではなく根性試しです。自分一人で言葉も通じない海外でどこまで通用するのか試したいという気持ちだけで出発しました。

タイで出会ったアメリカ人

バックパックを背負いドキドキしながらタイの空港に到着した瞬間のムッとくる暑さは今でも忘れません。初めの2泊分だけホテルを予約し、その後はプランを立てず移動した先で宿を探しました。外国人が多く集まるカオサンという地域は比較的安宿も多く、バンコクから別の都市に移動するバスも格安でバスを利用する人は皆旅行者なのでとても安心できました。私が初めて出会ったのはカッコいいアメリカ人。実は彼はゲイで心は女の子。カッコいい人を見つけては2人ではしゃいでました。6週間の一人旅のうち、4週間を彼と一緒に旅をしました。国も違えばなんの共通点もない私たちが見知らぬ土地で出会いお互い気が合って4週間も一緒に旅ができた奇跡。一人旅は暗く寂しい旅のイメージが吹っ飛び、一人旅は出会い旅となった訳です。

ここから大洗に行くならタビマスターズを探して旅行へ出かけよう。

湯布院と並ぶ憧れの温泉地、黒川温泉へ

アクセスが悪いのも秘湯ムードを楽しめます

熊本県の黒川温泉は、大分の湯布院と並んで九州屈指の憧れの温泉地でした。湯布院は比較的アクセスがよいのですが、黒川温泉は山深い渓谷に沿ったまさに秘湯ムードただよう街です。街並みは統一された看板としっとりした店構えで、まるで昔にタイムスリップしたかのような雰囲気を味わえます。午前中に黒川温泉に到着した私たちは、荷物を旅館に置かせていただき、メインストリートである川端通りを散策しました。ランチには気になったお店で郷土料理のダゴ汁や高菜飯を頂き、さらにスィーツのお店も点在し小さな街ながら少しも飽きることはありません。

入湯手形で温泉めぐり

街歩きの楽しさやノスタルジックな風景もさることながら、黒川温泉の名を世にとどろかせたのは入湯手形だと思います。黒川温泉のほとんどすべての旅館が趣向をこらした露天風呂を持っていて、通行手形を購入すればそのうちの三か所に立ち寄り入浴できます。私はまず「山みず木」へ。こちらは少し離れた場所にあるので周回バスが回っていて、立ち寄り湯でも乗車できます。川を望む露天風呂は最高でした。ほかにも「黒川荘」や「やまびこ旅館」「山河」など有名な露天風呂をもつ旅館がたくさんあります。露天風呂ではないですが、手掘りの洞窟風呂という全国でも珍しいお風呂の「新明館」も非常に趣深かったです。

ここで宮古に詳しいタビマスターズを活用して旅行を計画しよう。

イギリス旅行はイングランドが

イングランド地方には見所が

イングランドというのは、イギリスの一地方です。特にお勧めできるのは、南部なのです。イングランド南部というのは、色々とよいところがあります。イングランド南部というのは定義的には、テムズ川とブリストル海峡南側を指すことになります。ロンドンなんかもその一つになります。つまりは、最も発展しているのがイングランド南部、ということになるのです。イギリスの首都であるロンドンというのは、見るべきところがいくらでもあります。また、世界的な金融の中心地の一つでもあります。ファッション、芸術にも長じた都市なのです。ロンドンというのは、かなり見たほうがよいところがあります。

イングランドで見たほうが良いところは

イングランドとは、見るべきところとして挙げられるのは、バッキンガム宮殿です。言うまでもなく、王族の住まいです。ちなみに基本的には、一般公開はされていないのです。但し、夏の期間だけ公開されていますから、その時期に合わせるとよいです。その時期を狙うことがお勧めできます。後は大英博物館、ロンドン塔、ウェストミンスター宮殿なんかは是非とも見てみることがお勧めできます。それと料理でもお勧めできるものがあります。それがフィッシュ&チップスです。代表的なイギリスの料理ですから、観光に行くのであれば、食べて見ることです。本場のものです。

ここから徳島行きのタビマスターズでいつもより刺激的な時を過ごそう。

手軽で快適、リーズナブルなバス旅行ツアー

日帰りバスツアーはお得感いっぱい

日帰りバスツアーに参加したことはありますか。バスは席が決まっているので、必ず座れますし、乗り換えなどをしなくて良いので年配の方にも人気です。サービスエリアでの休憩時間もしっかりありますので、少し動き回ることができ足が疲れません。日帰りバスツアーのプランは豊富で丸1日楽しむことができます。新鮮な魚を使ったお寿司や旬の果物が食べ放題だったり、ワイナリーでワインを好きなだけ試飲できるプランがあったり、日帰り温泉で入浴が入っていることもあります。バスの中でも退屈しないように、プレゼントが当たるゲームをしたり、とにかく飽きることなく、料金も手ごろでお得感がいっぱいです。

ホテルや旅館のバス送迎つきのプランもお勧め

山の中にある温泉などに行きたいと思ったときは、交通が少々不便な場合があります。交通機関の乗り換えが大変な場所にいくときには温泉やホテルが直接長距離バスで送迎してくれるプランを選ぶと料金もリーズナブルに宿泊することができますし、宿の入り口で到着となりますので歩くのに少し不安のある両親や年配の人と旅行にいくときはこのようなプランは本当に便利でありがたいです。雪が降っていたりすると運転するのも一苦労なので冬はなかなか行くのをためらいがちですが、このサービスを提供してくれるホテルや旅館は冬でも安心して行くことができます。

ここで長崎にいるタビマスターズを探して旅行に行こう。